ブログ

blog
  • 半裁、大判革のベタ漉きをお考えの方へお伝えしたいこと。

    こんにちは。

     

    写真は、多脂ベンズ革の床革です。

     

    半裁革を割漉きして皮革製品業者さんにお渡しするのは、当社のメイン業務でもあります。

    半裁、大判の革をお預かりすることもありますが、

    6~8mm位でタンナー様から当社に入った革を、ご希望厚に割漉き加工して出荷します。

    主にヌメ革です。

     

    割漉き、とは1センチ弱の厚みのある革を、大きく革を(断面から)割るようにスライスすることです。

     

    大型でパワーのある重機であれば可能ですが、

    実はこれ、何回かに分けてスライスすることが多いのです。

     

    機器を調整しても、6.0ミリをいきなりピッタリ2.0ミリ等にするのは結構難しいので

    1回目3.0ミリ弱くらいにして2回目でピタリを狙うという方法をとります。

     

    また、出来るだけ生地全体を均一な厚さにしていくため、何回か漉く必要が出ます。

     

    革、皮は自然の産物であるため、部位により厚さ、固さに変化があります。

    一般に動物、特に哺乳類は、上半身の方が皮が固く、下半身の方が皮が柔らかいものです。

    すいません、当社は基本爬虫類とか魚とかの革、皮を漉くことがないので、

    その辺りの生物に関しては、感覚としてあまり分からないのですが・・・。

     

    要は、固い部分はサックリと刃が入ること、またバンドナイフのロールに革が入る瞬間、圧がかかること、

    柔らかい部分は刃が入りにくいこと、を考慮します。つまり・・・、

     

    ①固い部分から革を入れると、革生地に素直に刃が入る→固ければ比較的生地がヨレにくくキレイに刃が通る。

    ②革は肩が固く、尻が柔らかい。→上手く柔らかい下半身から入れれば、革を漉きすぎない。

    ③先に刃を通す部分は薄くなる。→後に入る部位は厚くなっていく。

     

    という3原則を考慮して作業することになります。

     

    革は原則、最初尻から機器に入れて漉いて、全体の厚みを見て、次逆方向から漉いて、厚みのムラを

    整える方法を取ります。最終的に再度左右のゲージ調整を行い厚い部位に深く刃を入れる、

    薄い部位は少し削る位になるように刃を入れる、ということになります。

     

    また、漉きシロ(原厚)が多い方が、精度は出しやすいです。

     

    あと、大切なのは、最初にロールに入る部位と後にロールから出る部位、の距離が

    出るほど、厚さに差位が発生していくことです。

     

    そこを計算して数回に分けて、割り、漉きします。(業界では漉き割り、割漉き、両方同意で言葉を使います)

     

    随分長いウンチクになり申し訳ありません。

    結局何をお伝えしたいか、・・・というと、

     

    大きい革で、漉きシロがあまりなく、柔らかい革である場合、

    精度が出しにくい、ということです。

     

    また、当社機器のような重機の場合、固くて厚く大きい革のダイナミックなベタ漉きや、小さいパーツの大量一気漉きに向いている、という点です。

     

    デカいブルドーザーみたいなもんですから、あんまり細かい優しい運転は、実は、ちょっと苦手。

     

    もちろん、どんなリクエストも検討の上、対応はさせていただきます!が、一応その辺りご理解

    頂いて、ご依頼の革をどうするか、どれにするか、検討して頂くと良いと思いますよ!

     

     

    全体を完全に同じ厚みにするのは革の場合限界があります。他の素材との大きな違いです。

    それがまた、革の楽しいところ!だと、私は考えていますが。

     

    基本同じになりようがない、揺らぎ、ってやつ。

    生地の顔、も含めて。

    でも、それをどうコントロールしていくか。それとも、そのまま生かすか。

    どうするか。

     

     

    とにかく高い精度で同じ厚みが欲しい!という場合は・・・、

    ある程度小ぶりに裁断して頂いていればいる程、精度は高くなります!

     

    多くの革製品、量産品は、裁断後の漉き作業で、厚み精度を上げていますから・・・。

     

    最近のご依頼で、A4、A3、くらいサイズもご依頼頂きます。

    クラフトをされる方よりのご依頼にも、できるだけ対応していきたいのが、

    当社、私の今後の方針ですので、ご相談はお待ちおります。

     

    でも、結局、0.1m単位等で細かく厚み調整したクラフト材料があればいい気もしますが・・・、

    個人的には魚の切り身みたいだなー、とか考えてしまいます。

     

    すごく便利だとは思いますので、そういう単位で加工していき、

    販売もしていきますね。

     

    が、結局は私自身の日々の精進が大切です!

     

    みなさんからリクエストを頂きつつ、いつも勉強させて頂いております。

    本当にいつもありがとうございます!

  • ベルト裁断もしております。

     

    みなさんこんにちは。

    先日おみえになられたお客様から「ベルトも裁断できるのですか?」

     

    とのお問い合わせを頂きました。

     

    HPには掲載しているのですが、まだまだ、当社ができることを皆さんにお伝えできていないのだと痛感させられました。

     

    以前にもこちらのブログでベルト裁断の様子を少しご紹介したのですが、

    実際の料金等については触れていませんでした。

    HPの注文、問い合わせページにも掲載していますが、再度こちらで整理して紹介させて頂きます。

     

    ・革ベルト、革紐は幅3ミリ~裁断しております。

    ・1ミリ単位で幅のご指定可能です。

    ・細めで20~30ミリ、太めで30~40ミリのご依頼が多いです。

    ・革質によって(柔らかい革等)当社ベルト裁断機で対応できない場合もあります。ご相談下さい。

     

    ・ベルト裁断は、革の繊維の方向から強度を検討して、通常、生物の背中に沿っての裁断をおすすめしています。

    ・牛半裁革の場合、縦80~100センチ、横150~200センチが大体のサイズです。

    ・背中に沿って裁断すると、例えば長さ100~130センチなどの革ベルト、革テープが幅3センチの場合、半裁革で20~30本裁断できます。

     

    ・裁断費用は基本1本200円~です。

    ・裁断機は40センチ幅くらいの機械です。基本は同一サイズベルト5本以上位からの裁断でお願いしていますが、皆様のリクエストにお答えしていきたいので、ご相談頂けましたら、融通きかせます。

    ・同一サイズの場合10本以上なら一本100円の料金になります。裁断時、機器のサイズ調整が不要のためです。

    ・革持ち込みはOKです。

     

    と、ここまで書きましたが、そもそも、そんなにたくさん裁断しても使用できないかと思いますので、今後、当社でも色々なサイズで革をテープ状に裁断して、必要な方に、必要な量でご提供していきます。

    宜しくお願い致します。

     

  • 繊維がよく締まったしっかりした革は、工業革としても使用されています。

    こんにちは。

     

    こちらは日本が誇るブランドレザー、栃木レザーさんの革ですが、クラフト以外にも

    たくさん使われているんですよ。

     

    とにかく、ワイルド!ストロング!ヘビィ!原厚は6~8ミリ。

    重いです。加工は牛との闘いですね・・・。

     

    当社では主にボートの持ち手、ウェイトリフティングベルトなど

    スポーツ用品部材として加工しています。

    適度なオイルが革に含まれ、水、汗に対してもある程度の耐性があると言えます。

    使っていると最適な柔らかさが革に生まれます。

    革は当然ベルトの需要が多いです。リフティングベルトは、色々な素材があるようですが、

    最終的に革でなければいけない方もいるという話を聞きました。

     

    厚みがしっかりしたヌメ革は最初は、かなりゴワゴワして固いのですが、

    使用していると繊維が程よく緩んで使い手さんに馴染んでくるのでしょう。

     

    その方に合った形状に革が変わるのです。

     

    革という素材の面白いところです。

    裁断する際は、そういう形で使い手さんを支える革になればいい、と想像しています。

    革は元々厚みがあり、それなりの強度があります。

    それは使う人達のクセみたいなものを吸収してしまう包み込む力があるのですね。

     

    本当にスゴイ。

     

    革が強いのは、植物タンニン鞣し革特有の締まった繊維の為です。

    タンナーさんが時間をかけた鞣しにより、革に力が生まれているのです。

     

    自然の産物は力を失わない。

    結局、別の力に変容するのでしょうか。

    それはタンナーさんの情熱と技の賜物ですが。

     

    自分は、それを使う方の使いやすい形にして、しっかりと繋いでいくことしかできませんが。

     

     

     

    ところで、革は工業製品にも使われているのです。

    金属にも拮抗できる強度やしなやかさのある素材としての、革。

     

    優秀な素材が豊富にある現代でも、革でなければならないという場合があります。

    当社ではそんなご要望にも対応しております。

     

    必要な革の形状や厚みのリクエストがありましたら、ご相談下さい。

     

    最近有り難くお声がかかったところでは、革のバフ、研磨用の革です。

    ピカピカに金属を磨くためには、革の締まった繊維が必要なのです。

    革は包丁を研ぐシャープナーにも昔から利用されています。

    当社では関市の刃物メーカーさんのケース作成の協力などもさせて頂いております。

     

    そういう、しっかりした革、金属、刃物などに対して耐性のある革などをお探しの業者様、

    もしピッタリ合った革が見つからないなら、是非当社までご相談下さい!

  • 革端切れを有効活用していく為に出来ること。

    こんちにちは。

     

    革屋さんはいつも生地を切り出したあとの端切れをどうしようか

    考えていると思います。

     

    布のように均一な生地であればいいのですが、革は自然の産物だから

    厚みも違えば、皮膚だった頃の名残りがちゃんと残っています。

     

    それがいいのですが、製品化する際、ワイルドな部位は残ってしまいます。

     

    でも、それがいいという方もいらっしゃいます。

     

    皮だった頃の日焼け、キズ、革は生地なのですが、

    同時に皮膚なんです。

     

    栃木レザーは特に皮らしい革です。

    匂いが好きという方もいます。

     

    端切れは小さいパーツやキーホルダー、タグとして活用しています。

    また当社に来て頂いた方に、お分けしていたります。

     

    欲しい方はお声お掛け下さい。

    選んで頂きます。

     

    それでは!