ブログ

blog
  • 製革の仕上げ作業って何するの?

    みなさんこんにちは。

     

    今日は革の仕上げについて。

     

    仕上げは、塗膜形成材料を用いて、革の表面に塗装、着色を施し、革の表面を保護しつつ

    その美観を高めることが目的です。

    塗装というと、木材や金属をイメージされるかもしれませんが、革の場合ほとんどが、製品になった

    とき人の肌に触れるので、風合い、手触り、充実感など、官能性と言われるニュアンスが重要になります。

     

    また、合成皮革、人工皮革が多くなった現代において、これらに対しての天然皮革、本革の

    「革らしさ」、「本物の革」、としての姿を求める傾向はますます高まっています。

    なので、天然皮革としての特性を失わない仕上げが要求されますが、天然の革を考えると

    銀面になんらかのキズ等があるのは、どうしても避けられません。

    こういうキズを隠しつつ、生かしつつ、革本来の良さを残していくのがポイントです。

     

    仕上げ方法は

    ①塗膜の透明度

    ②使用する仕上げ剤

    ③機械的な仕上げ操作で、分けられますが、

    今日は、塗膜の透明度による分類についてご紹介致します。

     

    1、アニリン仕上げ 塗膜透明度が一番高い仕上げ。革本来の銀面模様の特徴を生かした仕上げです。

    染色された革に透明な塗膜を形成させる仕上げです。カゼイン等のタンパク質系バインダーに合成樹脂等

    を調合した仕上げ液で塗膜を作ります。

    銀面の良い革が特に選ばれます。

     

    2・アニリン調仕上げ 塗膜の透明度はアニリン仕上げと同等ですが、銀面のキズ、染色ムラなどを、

    着色用の染料で修正してから、表面仕上げを行います。

     

    3・セミアニリン仕上げ アニリン仕上げとカバーリング仕上げの中間的な仕上げ。着色材として、染料

    と顔料を併用しつつ、銀面のキズを目立たなくしていきます。上塗りにクリア色、着色した被膜を用います。

    革表面の銀面模様も適当に残るようにします。

     

    4.カバーリング仕上げ 塗膜中に無機系顔料を主に使用して、革表面のキズや染色ムラを目立たなく

    します。塗膜の透明度は最も少ないです。

     

    塗膜透明度で分類したのが上記ですが、概ね塗膜透明度が高い仕上げは銀面がある程度キレイな

    革になります。クラフト用にも、アニリン仕上げの革はたくさんありますよね。

    当社はランドセル用の場合がほとんどなので、4のカバーリング仕上げを通常行います。

     

    当社に革を見に来て頂く方は、天然皮革の「革らしい革」を探す方が多いです。

    特に男性の方はそういう傾向があります。

    逆に女性の方は、生地の均一な美しさを求められているようです。

    みなさんがそうとは言えませんが。

     

    最近はカットしてヌメ革ご購入の方、染色のリクエストありましたら、少量で30デシとか50デシとか

    染めることがあります。当社設備では基本丘染めなのですが、自然な風合いのリクエストの場合、

    塗膜を出来るだけ薄くして仕上げます。

    最近の仕上げ剤は、薄い塗膜でも、耐水性、耐摩耗性がそれなりに優れています。

     

    まだまだ私は製革について試行錯誤、勉強が必要ですが、

    ちょっとでも皆さんのイメージする革を作るお手伝いが出来ましたらと考えています!

     

    次回も仕上げについて書いていきます。

    それでは!

  • 仕上げ工程の準備。

     

    みなさんこんにちは。

    ここまで、原皮~鞣し~染色、加脂、と工程をざっとご紹介してきました。

    やっとここから革が製品になっていく最終段階に入ります。

     

    が、ここでも準備作業から入ります。各工程でも、化学的、もしくは物理的準備作業を行わないと

    工程がスムーズに進まない為薬剤等を用いたりしてきました。仕上げ作業は主に物理的作業を

    丁寧に行っていきます。

     

    目的①②加脂剤、染料の固着を強化して、染色堅牢性、耐久性、柔軟性の向上を図る。同時に乾燥。

    ・・・革はもともと皮のときほぼ円筒形状の為、これを革として利用する場合、革を平板状に

    伸ばしてシワを伸ばす必要があります。その際水絞り、伸ばしの作業を行うことで、皮タンパク質の

    親水性が乏しくなります。同時に鞣剤、染料、加脂剤の塩基結合が強力になります。

    馬掛け(といいまして、木製の馬という道具に一晩濡れた革を掛けます)で、水分量7~8割

    水絞りで、5~6割、ガラ干し(自然乾燥)で水分量10~5%まで持っていきます。

     

    目的③革の柔軟化

    ・・・革に物理的負荷を加えて柔らかくします。加脂後も革は乾燥すると硬くなっていきます。

    一旦乾燥したら、味入れ(という革にすこし水分を含ませる作業)を行い、タイコに革を入れて

    そのまま回す、空うち、革を振る機械で、バタ振り、ステーキングマシンで、革を揉む、など

    仕上げる革の風合いを考慮して行います。

    繊維の打解、引っ張り、をするとき、乾燥したまま行うと革繊維が破壊されてしまうことがあるので、

    味入れの具合(大体3割くらいの水分量)は重要です。

     

    目的④革の平板化

    ・・・革の塗装を行うため、革を平らにセッティングします。網または板に革を張り付けて乾燥、平板化します。

     

    上記作業を、行った後仕上げ作業に入っていきます。

     

    皮~革って、濡らして、何かして、乾かして、を繰り返し行いながらだんだん仕上がっていきます。

    水分と繊維、各種薬剤、が最終的にいい感じのバランスで結合、あとはやっぱりなんらかの

    力を加えて伸ばしたりして革らしくなっていきます。仕上げの前工程、もやっぱり同じです。

     

    仕上げ工程は、色々な方法があって、多分みなさんが革をご購入されるとき聞く「○○仕上げ」

    なんかの話ができるかと思います。

    その辺りのご紹介ができたらと思います。

     

    また次回。

     

    それでは。

     

  • 製革の加脂工程

    みなさんこんにちは。

     

    しなやかな革、好きですか?

    適度なオイルを含み革の奥から光沢を放つ艶、そんな革で

    作りたいという方、多いです。

    革は色々あるし、そういう革ばかりがすべてではありませんが、

    革の最も革らしい姿はそこにあるのかもしれません。

    製造される大抵の革は色々な方法で、そんな姿を再現、体現する方向にあるのだと

    私は考えています。

     

    製革の工程では、加脂、という工程になります。

    今日は、ちょっとその話をしてみます。

     

    鞣し、染色までの革で、革は水に濡れた状態だと、繊維間に水が存在しているので、柔軟性が

    あります。が、乾燥すると繊維同志がくっついたり、繊維細胞が硬くなります。ですから、乾燥する前に

    それをあらかじめ防ぐような物質、つまり油剤、を入れておくと乾燥していっても革が硬くなりません。

    水分を油分に入れ替えるというイメージです。

    または、乾燥した革に油分を加えてあげます。

    乾燥後は繊維簡や革表面に油剤の膜が存在するので、繊維間の滑りが良くなり柔軟性が得られます。

    加えて、水、その他の物質(汚れ)に対して、多少の撥水性、防水性がアップします。

    また感触、艶、革の膨らみも得られます。

     

    なので、最終的に、革の革らしい機能性や美観を加える重要工程となります。

     

    方法は、革ヌメクラスト革のように乾燥している場合は、直接塗布する(引油)、濡れている場合は

    ドラム内で施す。という方法ですが、ドラム内で施す再は、液体油剤だけでなく、固形油脂を乳化させて

    油脂類の浴中で革に吸収させるという方法があります。

     

    ここでも、鞣剤、染料と同じで、電離性で加脂剤はジャンル分けされます。

     

    アニオン性・・・硫酸化油、スルホン油、リン酸油、等それぞれ化合物で色々あります。

    カチオン性・・・アンモニウム、アミノ化合物、種類多。

    その他は両方含む両性、非イオンのノニオン性、なんかがありますが、普通上記2種と併用されます。

     

    中性(生油)・・・植物油として、ひまし油、椰子油、パーム油、菜種油、落花生油、ホホバ油、等

    動物油として、陸の動物の牛脂、豚脂、ミンク脂等、海の動物、タラ、ニシン、イワシ、

    ワニ、オレンジラフィー(深海魚の仲間)、あとは鉱物油などあります。

    菜種油は姫路白なめし、イワシ油は国産ヌメ革に柔軟性を持たせるのに伝統的に使用されてきました。

     

    ヌメ革を色々オイルアップして試している方は多いと思います。製革用の油以外は、そもそも食品とか

    お化粧用なんで、目的が違っていたりするので、お試しになる際は、端切れなんかで試してから

    オイルアップするといいか思います。クラフト用レザーオイルなら大丈夫ですが、生成りヌメ革は

    色々な油でオイルアップするのには適しています。

    オイルはそれぞれ乾く時間や、浸透する速さが違うので、オイルを入れてから半日~1日経過させて

    銀面の様子やしなやかさの変化を見て、好みのオイルを使うと面白いですよ。

     

    個人的に面白いなあ、と思っているのは、ホホバ油、アルガン油、オレンジラフィー油とか

    化粧品で聞く名前が入った油ですが、基本製革には使いません。それらを含む製革用のモノを使います。

    大体が動物性油と植物性油がブレンドされたものです。

    線維摩擦を下げて相性良く油分を浸透させるには動物性、表面のコーティングには植物性が

    よく作用します。植物性の速乾性と浸透力を、相性のいい動物性で中和しつつあまり革に急激な変化を

    あたえないようにしているオイル、が製革用オイルかと思います。

     

    中性油は、革の風合いや物理的な性質に及ぼす影響が結構強いです。

    また匂いも残ります。とくに湿気の多い季節は、脂の匂いがする場合があります。

     

    物理的影響といいましたが・・・、加量が10パーセント(革の重さに対して)くらいを越えると繊維の

    強度が落ちていきますので、オイルの入れ過ぎは注意が必要です。

     

    通常加脂は染色工程のタイミングで行っていきます。

     

    これ以降、革の仕上げ、工程に入っていきますが、それはまた次回以降ということで。

     

    それでは。

  • 染革の工程

    みなさんこんにちは。

    蒸し暑い季節になってきました。夏らしい明るい色で革を染めていきたいですね!

     

    キャメル色は、最近のランドセル定番カラーです。

    他ブラウン、ワインは定番のブラック、レッド、ネイビーに加えて飽きのこない長く

    愛用できる色として人気が高いですね。

     

    革の染色ですが、通常はドラム染色、またはハスペル(パドル)染色で行います。

    回転するの円形の大きな浴槽に革、染料、薬剤を投入して行いますが、まず、素材革のサンプルで

    色合わせを行います。過去の使用染料、薬剤、水、と革の重量、面積の比率でレシピを再現して

    通常は複数染料で調色して、小さく染色してみます。

    問題ないなら、大きく染めていきますが、目標色とのズレがある場合、染色作業にて補正します。

    同時に温度、PHを調整しながら行います。

    均染剤、吸着促進剤、などで革を処理してから染革を行う場合もあります。

     

    種々の革、染料で個別のレシピがあるのですが、大規模な製革工場でしたらカラーマッチングシステムで

    処方がコンピューターで自動化されています。

     

    染色{水溶液)温度なんですが、一般に温度が高いと染料の吸着は速くなります、が、

    不均一で表面的な染色になりやすいです。逆に温度が低いと染料はゆっくり深めに浸透します、が、

    染色の堅牢度は低めになります。

     

    染色後は有機酸等で染料の定着を行います。その後重要なのは、革をいったん水浴して表面に

    残っている染料を落とします。発色が良くなり、摩擦に対しても強い革になります。

     

    革を染めていくときどうしても無視できないのは、革は乾燥すると著しく色合いが変化していくことです。

    革を染めたことがある方なら、実感されているとは思います。

    染めていい感じと思っても、乾燥したら色が思ったより浅かったとか、逆に濃いかと

    思ったら、結構目標の色合いに近くなったとか。繊維の素材はそういう傾向はありますが、

    革は特に乾燥時と湿潤時の色変化が大きいです。

    乾燥時間が長いので、特に厚手の革の場合、色むら、色違いからの染め直しもします。

    革は繊維構造が複雑で不規則で多孔質なので、湿潤状態の場合、表面で光の

    乱反射が起こりやすいのが原因ですが、実は乾燥の方法による変化もあります。

    水分量の多い革を熱風で強制的に乾燥していくと繊維が締まりながらくっつきます。

    なので、色濃くなります。

    逆に繊維をほぐしながら段階的に乾燥すれば、色は淡くなっていきます。

    乾燥はこの後の工程で加脂を行った後にします。

     

    そんなこんなで、目標の色合いに達するために、データを横目に試行錯誤していきます。

    一応同質のヌメ革でも、ロットが違っている場合、鞣剤の残留濃度が多少違っていたりします。

    個体差のある自然のものなのでそういうブレはあります。そこで実績として記録してあるレシピを調整していくのが

    染革の仕事なのかもしれません。

     

    染革の工程の簡単な説明は上記なのですが、この後の加脂、仕上げ表面処理で、

    また革は違った色合いや表情を見せていきます。

     

    喜ぶのはまだ早い、といつも思います。

     

    流れとしては、素材革を、水洗→中和→染色~色の定着→水洗→加脂→水洗→乾燥

    なのですが、染色は浸透、上掛けと段階を踏む場合があったり、加脂を染色と一緒に行う場合もあります。

     

    革素材によって工程はそれぞれ違います。

     

    革をこのまま乾燥させると少し硬くなってしまいます。

    次回から、革をしなやかにするための加脂の工程についてご紹介します。

     

    それでは!